オセロゲーム、コンピュータ対決。

使ったアプリ;「みんなのオセロ」

このゲームはレベルが30まであります。私はオセロが得意でもなく、レベル1からやっていくと初めは楽勝でしたがレベル16あたりからなかなか勝てずここでスローダウン。これ以上やっても時間の無駄。そこでコンピュータ同士で対戦させてみようと思いやってみました。タブレット2台、或いはスマホがあればOK。
反応が速く、盤上でどこに打たれたか分からなければ駄目なので「みんなのオセロ」では打った石にマークが付くのでやりやすい。

説明。

FID3

〇メインタブレット(左)
実際に対戦をするタヌレット。
下(黒)が先手でプレーヤー側。
上(白)が後手でコンピュータ側。
〇サブタブレット(右)
下(白)が後手でプレーヤー側。
上(黒)が先手でコンピュータ側。
ここでゲーム画面の向きをを反対になるようにする。
(タブレットの向きを自分に向ける)
アプリ設定。

FIG1
メインタブレットのオセロアプリの設定。レベルはコンピュータの強さ設定。

FIG2
サブタブレットのオセロアプリの設定。レベルは自分の強さ設定。


対戦。
2台のタブレットのオセロをスタート。
①;サブタブレット(右)の石(黒)が打たれるのでこの位置に合わせてメインタブレット(左)の石(黒)を打つ。
②;メインタブレット(左)で白石が打たれた場所に合わせてサブタブレット(右)の盤上に打つ。
後は①→②の繰り返し。
打つ場所が無くスキップして相手が連続して打つ場合も打った場所、順序を覚えておき間違いなく打つ。
メインタブレット(左)の盤が埋まれば勝負あり。


実際の画面。左;メイン 右;サブ
起動
↑起動直後

1手
↑1手目

2手
↑2手目


その他。
メインタブレットで走っているオセロとサブタブレットで走っているオセロが別のアプリであればオセロのアプリ対決も出来るので興味がある人はどうぞ。将棋の場合は棋譜が表示されたり音声で表現されるので分かりやすいが、オセロの場合は分かりにくいものが多いため注意が必要です。