続・デジタル放送録画Blu-rayディスクのファイル変換。

STBやデジタルチューナーでBlu-rayドライブを搭載していて、番組のダビングをDVDやBlu-rayにした場合、これをパソコンでやモバイル機器で見るにはハードを使ったビデオキャプチャーもありますが、ここではMacでMakeMKV(Windows版もある)でBlu-rayディスクの変換について説明します。

MakeMKVについて。
DVDやBlu-rayのビデオファイルをMKV形式に変換します。
〇DVDの場合。
 市販のDVDビデオ。
〇Blu-rayの場合。
 市販のBlu-rayビデオ。
 デジタル放送録画
Blu-rayビデオ。
MAKEMKV-SC2
MakeMKVでの解析結果。デジタル放送録画Blu-rayのファイル構成

MAKEMKV-SC3
MakeMKVでの解析結果。市販DVDビデオのファイル構成


市販のDVDビデオ、Blu-rayビデオの場合、解析により音声、字幕の種類分けがされるため音声、字幕を選択出来ます。


デジタル放送を録画したDVDやBlu-rayの場合、データはビデオと音声で構成されており、字幕はビデオデータに含まれます。
MakeMKVによるBlu-rayディスクの変換。
1枚のディスクに大量のデータを書き込む場合、非常に時間がかかります。出来れば1番組ずつ書き込み、その都度ファイル変換をやればそれほど面倒ではないと思います。Blu-rayの場合、ダビング後ファイナライズが必要有りませんのでそれが可能です。MakeMKVでBlu-rayディスクを読み、解析させと、書き込まれている番組のリストが表示されるので変換したい番組データにチェックを入れます。その後変換。二カ国語の場合、音声データは1トラックの左右に当てられており、分離するには別の変換ソフトで選択する必要があります。
MakeMKV;2GBのファイル変換時間は使うMac、ドライブにもよりますが3分程度。MKVファイルを他の形式に変換したければ、次に、例えば、
Handbrake(1パス)によるMKV→MP4変換;使うMacにもよるが2GBで5分程度。


なおBlu-rayの場合、DVDのCPRMとは異なりますので、DVDをMakeMKVではは読めません。
(参考)WindowsでPasskey for DVDを使いファイル変換の場合。
変換時間は環境にもよるが4.1GBで約18分。
VROファイルはVLCで再生できます。
他のファイル形式にする場合、動画変換ソフト(Hndbrake等)でMP4に変換。Handbrake(1パス)の場合、VRO→MP4変換;4,1GBで18分程度。

最後に。
DVDは容量の点で不利な面があり、大量のDVDを持っているのは場所、管理が大変です。その点、Blu-rayは断然有利です。Macでファイル変換を利用してデジタル録画した番組を見たりモバイル用にファイル変換をするにはMakeMKVを使うのが良いかと思います。


(追記)

MacOS Sierraでは読み込みエラーになるBlu-rayがあり、試しにWindows10版でやってみたら問題なく読めました。バージョンは同じ。

MacOS Sierraの初期バージョンで読めたBlu-rayが10.12.1では読めなくなっていた。これはOSの仕様変更が原因かも。Windowsでは問題無し。OSのバージョンの違いによる互換性の無さにはあきれる。これではMacOSを使いたくなくなるユーザーを増やすだけ。Macを買ってもWindowsを使っているようではMacOSのシェアは落ちる一方だと思う。

(追記2)

バージョン1.10.5ではうまく動作しない。しかし、1.14.4では動作している。