これは使える! Splashtop 2でMac、WindowsをiPadで操作。

(Splashtop 2 - Remote Desktop)

SP1SP2
Splashtop 2(左)

Splashtop Streamer(右)


アプリについて。
•iOS、MacWindows、Androidで使えるリモートアプリ。

•移動させられないPCをリモート操作する場合にも便利。例えばビデオキャプチャーを接続している場合など。

•iPadで操作する場合(例えばOffice等)、iPadにインストールされて無くても、PCにインストールされてるものを使えば済む事になる。

•操作する側のOSとアプリ。

iOS;Splashtop 2

Mac、Windows;Splashtop Personal

•操作される側(ホスト)

Splashtop Streamer。

Mac版、Windows版。

•基本的には同じLAN内の起動中のMac、Windowsを操作出来ます。

•音が出ますので音付き動画再生も見られます。

•タブレットでの文字入力も問題無し。

•iPadで操作する場合、PCとの違いにより、操作に慣れる必要があります。

iPadのソフトキーボード使用、マウスの操作をエミュレートする機能があります。

例えば、マウスカーソルの表示/非表示が出来ます。カーソル非表示では操作しにくいこともあるためカーソル表示は役に立ちます。

•追加購入オプション
「Anywhere Access Pack」購入により外部LANからアクセス出来るようになります。 

「Productivity Pack」の購入によりMac、Windowsのキーボードショートカットの登録、使用が出来るようになります。

セットアップについて。

アプリをインストールしてからメールアドレス、パスワードを設定、ログインすればすぐに使えます。
 

画面について。

SP3
ホスト選択画面

 

SP4
Splashtop起動画面(マウス操作のエミュレート)

 

SP5
デスクトップ右下のアイコン

左;ツール

右;キーボード

 

SP6
ツール表示部

マウス表示/非表示、スクロールアイコン、画面向き固定...等。

 

Splashtop 2を使って分った事。

•MacやWindowsをタブレットで操作する場合、一番大きな違いとして、マウスがあります。マウスの無いタブレットで操作出来るかどうかが鍵だと思います。

•マウスエミュレーションの動作について。

ツールで、マウスカーソルの表示/非表示を切り替えられる。表示の時はカーソルが表示され、指の動きに合わせてカーソルが動く。カーソルが見えるので正確な位置指定が出来る。作図をする時に正確な位置をするのに便利だが、カーソルの表示/非表示を頻繁に行うのは少し面倒。

カーソル非表示の時は指を触れていない時はカーソルは表示されているが、触れると消える。ドラッグ操作をする時はこのモードを使う。
•テキストエディターを使う時に、カーソル非表示モードではキーボードを表示すると画面がずれてしまうことがある。カーソル表示モードにすると問題は無いようだ。

•ズームについてはカーソル表示/非表示によって変わる。カーソル表示モードではカーソルを中心に拡大する。カーソル非表示モードでは任意の位置で拡大する。

•音が再生されるので、音付き動画再生が可能。

•反応速度はLANの速度に依存するため、操作される側のPCはなるべく有線でネット接続させていた方が良いと思う。
•私のMac ProにはEyeTVが接続されていて外部ネットから見てみたが殆ど問題は無かった。

•このアプリの注意点。

ホスト(操作される側)のPCは画面の拡大表示をさせていない状態にしておくこと。拡大しておくと操作する側の画面でカーソルの位置にズレが出て操作が困難になる。
•不具合情報。

Splashtop 2を起動してMacを操作した時に、プルダウンメニューをタップしても反応しない。Docにある適当なソフトを起動して、終了させると不具合は起こらなくなった。


まとめ。

•iPadでの操作は、簡単な操作では全く違和感を感じない。
•マウスエミュ操作がネックになると思う。

•MacやWindowsの画面サイズはノートPCで13~15インチが多く、アイコン、文字サイズもそれに合わせているのでiPadの10インチ画面サイズでは小さく、ズームして使うことが多い。本格的な使い方をするのであれば、もっと大きいサイズのもの(次期iPad Pro)があればと思います。