iPad用カメラアプリ「ProCam XL 2」の使い方。


PROCAMアイコン

カメラ付きiPad用アプリ。旧バージョンに対し、2になってからメニュー表示が変わり、分りにくくなった部分もあります。iPadはiPad Airでないと使えない機能があり、このアプリにもそれは言えます。

iPhone版のProCam 2と基本的には同じ操作です。

 

「メニュー1

◯写真のパラメータの設定。

 

MENU1

顔認識シャッター

ジオタグ

日付スタンプ

日付の表示形式

時刻スタンプ

時刻表示形式

ロレーションスタンプ

著作権

著作権スタンプ

スタンプのフォントサイズ

スタンプ色

ズーム

ステータスバー

タイムアウト

サウンド

(ファイル)形式

感度

セルフタイマー

インターバル

ナイトモードタイマー

サウンドスナップタイマー

クイック起動通知

クイック起動遅延調整


○動画のパラメータ設定

 

MENU2


日付スタンプ

日付の表示形式

ロケーションスタンプ

著作権

著作権スタンプ

スタンプのフォントサイズ

スタンプ色

音量表示

オーディオメーターレベル

ビデオ手ぶれ防止

ユーザー定義ビデオFPS

タイムラプス間隔

タイムラプス開始遅延

 

「メニュー2」
MENU3

40個のライブフィルターが有ります。


「メニュー3」

MENU4


メニュー2から下側の左側のアイコンをタップします。

17のライブレンズが有ります。


「メニュー4」

MENU5

右側の「<」アイコンをタップ。閉じる時には「>」をタップ。

①アスペクト比(16:9、3:2、4:3、1:1)設定

②画像の圧縮率設定

③(撮影モードメニュー、その他)

水平モード

大きなボタン

顔認識

サウンドスナップ

インターバル

バースト

手ぶれ防止

ナイトモード

ワンショット

ビデオ

水平ビデオ

タイムラプス

 

「基本操作のヒント」

◯カメラの露出、ピント合わせ操作。

MENU6

画面をタップすると露出、ピントのアイコンが表示される。

各アイコンを露出、ピントを合わせたい場所にドラッグすると露出、ピントが変化します。

 

手動で微調整する。

アイコンの中のカギをタップしてロック、アンロックを切り替えます。

露出アイコン;ロックを外した状態でアイコン右側のスライダーで露出調整。

ロックした状態で、ISO感度、シャッター速度調整。

ピントアイコン;ロックした状態でピント調整。

 

露出、ピントアイコンを表示させて別々に分けると画面左側にWBメニューが出ます。

メニューをタップするとフラッシュ等のメニューが出ますが使えません。


メニューの使い方の例。
◯インターバル撮影の場合。
(1)メニュー1を選択して、写真の欄でインターバルの項目を探し、間隔を設定。
(2)メニュー1を閉じ、メニュー4の撮影メニューからインターバルを選択。画面中央に秒数が表示されます。
(3)メニュー4を閉じ、シャッターボタンをタップすれば開始。再度タップすれば停止します。

その他。

◯左側メニュー

上から表面カメラ、裏面カメラ切り替え。

HDRメニュー;タップするとシャッターボタンにHDRと表示されます。

ハイダイナミックレンジ。写真をうまく撮るための合成技術です。

セルフタイマー。


「主な撮影モード」

シングルショット。

ナイトモード。

感度調整付き手ぶれ補正。

画質調整付きバーストモード。

セルフタイマー。

インターバル。

サウンドスナップ。

自動撮影オプション付き顔認識。

拡大表示ボタン-スライドバー。

水平モード。

ビデオ。

水平ビデオ。

スローモーションビデオ。


「主なカメラ機能」

マニュアルフォーカス、露出度、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランス;iOS8

フォーカスと露出のフルコントロール。

17個のライブレンズ。

シンメトリー/万華鏡効果。

40個のライブフィルター。

画像解像度調整。

アスペクト比調整。

JPEG圧縮率調整。

ロスレスTIFF形式。

ビデオの画質調整。

ビデオフレーム率調整。

ユーザー定義ビデオFPS。

ビデオ録画中に静止画撮影。

リアルタイムビデオ手ぶれ補正。

6倍デジタルズーム。

ビデオズーム。

前部/後部カメラ。