PasoFun休憩室

気軽に見て下さい

2014年08月

EyeTV HDの利用法(Macで地デジDVD鑑賞)

EyeTV HDの利用法(Macで地デジDVD鑑賞


必要な物。

DVDプレーヤー(CPRM対応のもの)。

EyeTV HD。

Mac。


DVDの再生だけならば特にどうってことは無いが、EyeTV HDを使い、Mac上で再生する。DVDは地デジを録画したもの。

通常、Macでは地デジのDVDはWindowsを走らせてPowerDVD等で再生しなければならないが、EyeTV HDを持っているのであれば、DVDプレーヤーを使って地デジDVDをMac上で視聴、録画が出来ます。なお、CPRM対応のDVDプレーヤーは3,000円前後で購入出来ます。ブルーレイプレーヤーでも1万円程度です。。

PowerDVDの場合、

①バージョンアップでやたら出費がかさむ。

②PowerDVDはパソコンの性能が影響する。

③Mac版が無い。

以上のことからこの方法が良いと思う。個人的には。

 

全体の接続。

EYETV接続


STBからの出力はHDMIを使用。

→HDMI to コンポーネント変換アダプター。
→EyeTV HDにコンポーネント入力。

DVDプレーヤーからの出力はコンポジットを使用。
→EyeTV HD;コンポジット入力。

もし、DVDプレーヤーからの出力がHDMIの場合には、HDMIセレクターを使い、STBと切り替えれば良い。HDMIセレクターは1入力、2出力のものは多いが、2入力、1出力のものは少ない。私は上海問屋で販売されている双方向タイプの物を使用している。
上の図ではEyeTV HDの入力はSTBや地デジチューナーからはコンポーネント、DVDプレーヤーからはコンポジットとなり、切り替えが簡単。
著作権法が改正されてから、プロテクトを解除したコピー、リッピングは違法となるため、この種のコピーが有効です。EyeTV以外でもEasyCAP(Macでも使える)などのビデオキャプチャーが今後、増えると思います。ちなみに、リッピングツールを使った場合、ブルーレイではビデオの再生時間よりもリッピングにかかる時間の方が長い場合も有ります。

 



EyeTV HDの手動チャンネル設定とIR Blasterの調整(2)

EyeTV HDの手動チャンネル設定とIR Blasterの調整(2)

 

使用環境
MacOS 10.7
CATV用STB

最近、EyeTV HDのIR Blasterでチャンネルが変わらないことが有り、再調整してみました。この記事と同じ様な内容の事を以前書いていますが、今回はポイントになる部分について少し分かり易く書きます。以前の記事「
EyeTV HDのチャンネル設定と共有、Wi-Fiアクセス」も参考に見ていただきたい。

【チャンネルの手動設定】
今回、チャンネルをいくつか追加 最初からやる場合は次の様にします。 

EyeTV HDの設定アシスタントにより、アメリカのチャンネルが自動で設定されているので、ここにチャンネルを手動で追加します。

追加の仕方。

チャンネルメニューをクリックしてチャンネルリストを表示。

チャンネルリスト


















アメリカのチャンネルは不要なので削除します。

歯車アイコンをクリック してメニューから「チャンネルを手動追加」を選択するか、チャンネルリストウィンドウの中でコンテキストメニューで選択します。
 

チャンネル追加


















今回、IR Blasterでのチャンネルナンバーの送信は3桁ですが、2桁の場合でも設定ではそのままの整数で入力します。

例;NHK総合=11;日本テレビ=41

チャンネルが入れ終わったら、チャンネルリスト下部の接続先欄の矢印をクリック し、メニューから「チャンネルを保存する…」を選択し、チャンネルリストを保存する。

チャンネル保存





















【IR Blasterの調整】

STB用リモコンの特性にIR Blaasterの特性を合わせる。

IR Blaster設定






























 

 STB用リモコンのボタンを記憶。

IR Blaster調整



















 STB
でのリモコンのチャンネルを地デジ、BS、CATV共通で使える方法は3桁入力が一番良いと思う。問題も有るが。他の方法では、地デジ、BS、CATV用選択ボタンを使う方法が有るが、EyeTV HDでは対応させるボタンの数が足らずこの方法が使えない。

  

【IR Blasterの調整】
IR BlasterをSTBのリモコン受光部に設置。 

EyeTV HDの正面受光部にSTBのリモコンを近づけ、指示した数字に該当するボタンを繰り返し押し、画面にメッセージが出たら止める。結果がOKならば次のボタン。OKになったボタンはボタンの部分にチェックマークが付きます。


STBのチャンネル選択は3桁入力を基本にします。 

(EyeTV側)         (STBのリモコン側)

OK/Select   3桁入力

0                       10
1~9                  1~9

全てのボタンがOKになったら次に進み、各ボタンが正確に働くか確認。

STBのリモコンと同じような操作を画面上で行いチャンネルが変わるかチェック。

もし、各ボタンで正しく反応しないものが有る場合、前に戻り、正しく反応しないボタンの調整をやり直し、再確認を行う。全てのボタンがOKになるまで繰り返す。

次に進む→
チャンネルの入力形式の選択画面になるので、3桁入力を選択。

数字の前の部分に何か入れるか?;OK/Select

後ろの部分に何か入れるか?;無し

次に進む→

チャンネル変更の確認。

IR Blaster2












チャンネルを選択して、実際に変わるかテスト。

キープレスの間隔を調整。早くしすぎると反応しなくなります。
以上です。




iPad用アプリ「Pen & Ink」の使い方

iPad用アプリ「Pen & Ink」の使い方。
無料アプリですが鉛筆、ペン、水彩画等で有料のものがあり、それを購入すると費用がかさみます。
「Pen & Ink」のバージョン 3.2
iOS 7.1.2


SAMPLE画面


画面上のアイコンの説明

左メニュー(◯にドラーバーアイコン)

L-MENUタップしてメニュー表示。

①レイヤー

LAYER
レイヤー表示は下側が下層になっています。

一番下が背景画像、その上が写真、レイヤー1、レイヤー2、…となります。
各レイヤー表示は図の様になっています。
レイヤー表示の右端辺りを指で押しながら上下に動かすとレイヤーの入れ替えが出来ます。但し、レイヤー1以上に限ります。
各レイヤー表示の左側の目アイコンはレイヤーの表示/非表示を表しており、アイコンをタップする事により切り替えられます。

KASANE1 KASANE2KASANE3
レイヤーの組み合わせ状態


レイヤーの重なり(例);青がレイヤー1、赤がレイヤー2
レイヤー2に関し、上の図のように、
左;ノーマル 中;ノーマル(透明度約50%) 右;かけ算をする

レイヤー表が表示された状態でサムネイルをタップするとそのレイヤーの情報が表示されます。
このレイヤーの透明度の設定、画像の表示条件(ノーマル、かけ算をする)を設定出来ます。「ノーマル」は他のレイヤーに影響されない。「かけ算をする」にした場合、下位レイヤーの画像とそのレイヤーの画像の色がミックスされた色になります。

ページ背景レイヤー;写真やテクスチャー等が設定出来ます。写真は大きさや回転させた角度での配置が出来ます。このレイヤーの画像を削除する場合、新しい画像を取り込むか、クリアする必要が有ります。
写真をトレースレイヤー;フォトライブラリ又はカメラから取り込む事が出来る筈ですがカメラからは、なぜかカメラのシャッターを切れません。この場合、アプリを終了させて再度起動してもカメラの状態のままですのでアプリを終了し、iPadのホームボタンをダブルクリックして、カメラの画面をスワイプして、アプリを完全停止させてから再度アプリを起動して下さい。フォトライブラリから取り込む場合、写真は大きさ、角度を変えて配置出来ます。削除したい場合はレイヤーをタップして、出てくるメニューから削除を選択します。このレイヤーはコントラストを変える事が出来ます。

②ゴミ箱
ページをクリア。

③?
簡単な操作説明と一部の設定。

その他のアイコン

矢印;取り消し、やり直し。

点眼器

右メニュー(コンパスアイコン)

R-MENUタップしてメニュー表示。


④ページの追加、削除
⑤ノートの追加、削除
⑥画面下部のツールアイコンの表示/非表示
⑦画像のエクスポート

SHUTSURYOKU
メール、フォトライブラリ、iTunes、プリンター、…アプリで開く、Dropuboxが選べます。

画面下部のツール。
SHOUKYOENPITSU
BRASHI
ツールの一部(消去&ぼかし、鉛筆、水彩画)。詳細表示


●消去&ぼかし
アイコン2個。それぞれ、消しゴムとぼかし用ツールがある。
●鉛筆
アイコン1個、中に数種類の鉛筆がある。
●ペン
アイコン1個。中に数種類の鉛筆があります。
●水彩画
アイコン3個。中に数種類の筆がそれぞれあります。
以上のツールは基本に使うもの以外はオプションになっており、アイコンをタップすると購入するかどうか訊ねてきます。
●水墨画
全てオプション。
●アートマーカー
全てオプション。


ツールアイコンをタップするとそのツールが選択出来ます。
選択されたアイコンの下側に小アイコンが表示されますが、左から線のコントラスト、カラー、線の幅の設定用です。
選択中のアイコンをもう1度タップするとツールの詳細選択が出来ます。

 ツールアイコンは左にスワイプさせる事が出来、隠れたアイコンが現れます。これはオーガナイズ用です。

SENKONTOSENNFUTOSA
COLOR


コントラスト、線の幅はアイコンをタップするとアイコンの所にスラードバーが表示されるので調整出来ます。カラーはタップするとカラーのサンプルが表示されます。


画面操作について。

GAMEN2本指で拡大/縮小、回転させることも出来ます。
画面は拡大/縮小、回転させて表示可能


画面は2本指で拡大/縮小が出来ます。また、回転させて傾いた状態にも出来ます。描きづらい時に役に立ちます。また、拡大/縮小をした時に、100%に戻す場合、どれが100%なのか分からず困る場合、次の方法が便利です。

それは高速ピンチ(つまむ)する方法です。最初に画面を2本指でピンチして縮小します。次に、同様に素早くピンチします。すると100%表示になります。最初の縮小させる動作は無くてもかまいませんが。

お絵描きの進め方。
●ノートのサイズをデフォルト以外に設定したい場合、ページ追加、或はノート追加を行い、サイズを選択します。
●描き初めはレイヤー1が作業レイヤーになっています。作業を進めながら必要に応じ、レイヤーを変更します。
●掻くための鉛筆、ペン、ブラシ等を使って描きます。
●線、塗りつぶしを同じレイヤーで行うと、修正などが面倒です。レイヤーを分けて行うと作業が楽です。
●必要に応じ、レイヤーの透過率の調整、レイヤーの入れ替えを利用します。
絵が出来上がったら後は好きな様に出力。


◯気お付けたいこと

通常、写真を入れる場合、写真のレイヤーに取り込まれ、写真自体を修正する事は出来ません。ところが、写真をDropboxに入れて、「次の方法で開く...」を選択し、「Pen & Ink」を指定すると、ファイルはレイヤー1に取り込まれます。この画像は修正可能です。ただ問題なのは、ページの縦横比と写真が合っていないと写真はページの縦横比に変形して取り込まれます。更に問題なのは、これをやると、アプリに入っている作成した画像が消去されます。慌てても元に戻りません。注意しましょう。


スタイラスペンについて。

ところで絵を描く時に何を使うかだが。勿論、指でやっても良いんだが、やはり細かい部分の色塗りや、文字を書く場合、スタイラスペンを使うのが良いだろう。スタイルスペン「JOT SCRIPT」はどうか?通常、iPadで使えるスタイラスペンと言えば、先端部が6ミリ程度の、導電性のあるラバー等を使ったものが一般的で、実際に使うと細かいものは描けず、接触が不完全で描けない場合もあり、使い勝手は良いとは言えない。

「JOT SCRIPT」は先端が細いため期待が持てそうな感じがするの早速使ってみた。販売サイトを見ると、ペン先が1.9mmの太さ。電池を使用し、BLUETOOTHでiPadの接続を行う。とにかく、先端が細いものが気に入り、電池を使っているので接触も良いのではないかと期待した。


実際に使った感じ。
先端部にクッションが内蔵されているので感触は悪くない。線を書いても問題なく書ける。文字を書くのにも書き易い。問題点としては、ペン先と書かれる位値にズレが出ることである。ペンを斜めにするとおこりやすく、なるべくペンを立てて書けばずれない。通常、鉛筆で文字を書く場合、鉛筆を傾けて鉛筆の先端が見える様にして書きます。ペンを立てて書くと見えにくいため、慣れが必要です。更に重要なのは、スタイラスペンを使う時に、手の一部が画面に触れているとそれを感知して、ペンが機能せず、書けないことがおこります。販売サイトでは、Bluetooth4.0ではそれは起こりにくいと書いていますが、完全ではありません。では、手の下に紙でも挟んではどうかですが、薄い紙では駄目でした。このペンに完全対応したアプリ「Penultimate」というのが有りますが、これはかなり反応が良い感じがします。このアプリはどちらかと言うと字を書く事に向いていると思いますが。
 

改善点。
◯外側に何も付いていないために転がり易い。
◯ペン先を保護する事をしていないない。床に先端から落としたら間違いなく壊れると思う。
◯非常に高価(8,280円)。

pen
JOT SCRIPT


***URL変更のお知らせ***
URLをwww.pasofun.comからwww.pasofan.jpに変更します。
2014.8
従来のままで可。




フリートーク
プロフィール

PCの達人

ギャラリー
  • BOOTCAMPからAirMac-HDDにアクセス
  • BOOTCAMPからAirMac-HDDにアクセス
  • DJIのPhantom4 Pro+を飛ばすまでに手こずった件。
  • DJIのPhantom4 Pro+を飛ばすまでに手こずった件。
  • DJIのPhantom4 Pro+を飛ばすまでに手こずった件。
  • DJIのPhantom4 Pro+を飛ばすまでに手こずった件。
  • DJIのPhantom4 Pro+を飛ばすまでに手こずった件。
  • DJIのPhantom4 Pro+を飛ばすまでに手こずった件。
  • ドローンを飛ばす