iPhoneのインターネット経由での動画鑑賞とi-FlashDriveHDの動画持ち歩き


iPhoneでどこでもビデオ!

iPhoneを使って外出先でビデオを観る方法について検討してみました。

1、最も単純な方法としては自宅にあるHDD内のファイルに無線LANでアクセスする。

方法;

現在の私のシステムでiPhoneAirMacを使用して、外出先でも動画を観られることについて説明します。

EZSHARE1


   ezSHARE








iPhone(iPad
共通)アプリでezSHARE Proというのが有りますが、これを使い、サーバー設定でAirMac Extremeを指定し、AirMac Extremeに接続したHDDをアクセス可能にします。

ezSHARE Proは様々なタイプのサーバーに対応しています。

ezSHARE ProでのAirMac Extremeの設定はafpサーバーとして指定します。

次に、Airmac extremeに接続したHDD内の動画ファイルですが、通常、iPhoneで再生可能な形式として、mp4、m4v、mov、3GG等があります。インターネット経由ではWi-Fi、3Gとなりますが、Wi-Fiの場合はファイルの圧縮率が多少低くても問題有りません。しかし、3G回線では再生が ストップすることが頻発します。

そのため、かなり高圧縮にする必要が有ります。QuickTime Proを使ってファイル形式を3Gにすればかなり小さく出来ます。mp4、m4v形式にすればある程度小さくなります。ただ問題なのは、どのソフトを使えば良いかですが、私が使った中ではHandbrakeがお勧めです。私はWi-Fi経由で観る事を前提にしてDVD等をファイル変換ソフトでmp4に変換して使っていますが、今回、3G回線で外部からアクセスするために更に高圧縮にすることが必要となりこのソフトを使い、再変換をしています。特に便利な点はファイルサイズを指定出来ることです。

※ezSHARE Proの設定

EZSHARE


   ezSHARE設定





















 

手順;

(1)メニュー画面左上の『+』をタップ

(2)『次』をタップ

(3)サーバー選択で『Others』を選択

(4)プロトコル選択で『AFP』になっているので『次』をタップ

(5)ホストネームを入力して『次』をタップ

(6)ユーザー名、パスワードを入力して『次』をタップ

(7)ポートNo.を入力して『次』をタップ(8)Alias名を入力 

各パラメータは、

Hostname;afpアドレス

Alias;サーバー名(任意の名前)

ユーザー名;Airmacの名前又はネットワーク名

パスワード;Airmac又はネットワークのパスワード

Port;548

です。

この方法による結果としては、Wi-Fiを使う場合は全く問題ないが、3Gでは再生がなかなか開始されず、かろうじて開始してもすぐ停止してしまいます。

ファイルの圧縮率を変えたものでいくつか試したが、傾向がつかめなかった。

動画の圧縮率が高くなると画質が低下するためどこまで許容出来るかですね」。


2、次の方法として、動画ファイルを持ち歩くことである。

iPhone本体に動画を入れておくのは当たり前なのですが、iPhoneの容量の問題とPCとの同期が面倒であるかどうかですね。

3、次にフラッシュメモリにファイルを入れておき、必要な時にiPhoneに繋いで使う方法です。

i-FlashDriveHD




i-FlashDriveHD取り付け画面



















 i-FlashDriveHDと言う製品がありiPhoneiPadiPod touchのドックコネクタにつないで使用します。

PCUSBポートに差し込んでPCからファイルをコピーして使用します。

iOS標準に対応している形式の動画ファイル;mp4、m4v、mov形式

i-FlashDriveHDはiPhone4、4Sに対応しているがiPhone3GSで試したところ一応動作しました。

この製品では動画はストリーミング再生でi-FlashDriveHDからiPhone本体への転送速度が動画再生に影響します。iPhone4SとiPhone3GSでは再生開始までの時間にほとんど差が感じられなかった。

バッテリーの消耗は特にひどいレベルではないが頭に入れておく必要があります。iPhone3GSではフル充電で2.5時間程度の再生が可能でした。iPhone4Sでは4時間程度でした。

(1)iOS対応の動画ファイルの再生

動画ファイルをタップするとビデオプレーヤーが起動してファイルの読み込みが始まる。少し待っていると再生が始まる。

(2)iOSに非対応の動画ファイルの再生

(例)flv形式の動画の再生で説明

この製品の仕様では動画ファイルの形式はiPhoneで再生可能なものとなっている。そこでflv形式について試してみた。ファイルを表示では?マークがついている。ファイルをタップすると読み込みを開始する(円グラフで確認出来る)。

読み込みが完了したらツールバー右端のアイコンをタップするとファイルを開くアプリの選択画面になります。あらかじめflvを再生出来るアプリ、例えばOplayerをインストールしておけば選択項目に現れるのでこれを選択すれば再生が開始されます。ここで頭に入れておくことはそのファイルは再生中にOplayerのファイルとしてiPhoneに保存されており、不要な時は削除する必要があります。ファイルはOPlayerのマイドキュメント内に有ります。


※この方法ではうまく動作しない場合

不具合の状況;ファイルの読み込み完了後メニュー画面が出ずビデオプレーヤーが起動してファイルの読み込みが始まるがいつになっても終わらない。iPhoneではこの現象は無かったがiPadで発生しました。

この対処法については次の様にします。

(1)ホームから『外付けドライブ』を選択

(2)ファイル選択画面で『編集』ボタンををタップ

(3)ファイル右側『>』マークをタップ

(4)メニューが出るので『コピー』を選択

(5)ファイルのコピー先リストが表示されるので『本体』を選択

(6)『本体』に表示が変わるので下段ツールバーの『この場所にコピー』を選択

(7)円グラフで進行状況表示

(8)『ホーム』に戻り、『本体』を選択

(9)『本体』に表示が変わり、コピーしたファイルが有るのが確認出来る

(10)『編集』ボタンをタップ

(11)ファイル右の『>』マークをタップ

(12)メニューが出たら『OPlayerで開く』を選択

(13)OPlayeが起動し再生が開始される。


ファイルはOPlayerのマイドキュメント及び『本体』に保存されています。不要であれば削除すること。

flv以外の形式の動画ファイルも同様のやり方で再生出来ます。

以上のような方法が現状での私のやり方です。Wi-Fiによる方法が一番簡単かと思いますが
i-FlashDriveHDはなかなか面白い製品で重宝します。